2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のNHK「ためしてガッテン」で面白い数字のトリックが紹介されていました。




ではさっそく問題!


問題1
A店では商品を常に定価の4割引で売っています。
一方、B店では定価で売ってはいますが商品を買うごとにその金額の半分、つまり5割分の商品券を毎回くれます。
さて、どちらのお店で買うほうがお得でしょうか?





つまり1万円の商品を買うとしたらA店では4000円引きで買え、B店では5000円分の商品券がもらえるということです。

ということは・・・?





























正解は・・・。




















もうちょっと下w



























答え

A店で買うほうが得です。





1万円の商品を買うと考えた場合、A店では4000円引きで買え、B店では5000円分の商品券をもらえるので一見するとB店で買うほうが得する金額が多いように思えます。

整理すると、A店では6000円で1万円分の買い物ができ、B店では1万円で1万5000円分の買い物ができたことになります。

しかし、これでは両方の金額がばらばらなので比べることはできません。


なので、B店を基準にして考えて見ましょう。

B店では1万円で5000円分の商品券をもらえました。
通常、商品券で買った際はその金額に対しては新たな商品券はもらえないので1万5000円分の商品を買うのに1万円かかったという解釈でいいでしょう。

次にA店についてです。 

両方の金額をそろえるためにA店でも1万5000円分の商品を買うことにします。
A店では商品は4割引きで売られているので1万5000円分の商品を買うのに9000円かかります。(計算式:15000×0.6=9000)


(゜д゜)!?


A店で買うほうが1000円も安いですね。


ちなみにB店で6割分の商品券をくれたとしてもA店の方が安いみたいです。
計算してみてください。


5割分の商品券は実際には33.3%の割引率に相当します。

4割引きの方が得するのは当然ですね。





みなさんも数字のトリックにだまされないようにご注意を。
スポンサーサイト

提出日前日(ってもう当日かw)にレポートなんか書くものじゃないですね。

投稿時間見てもらえれば分かると思いますがいつの間にかこんな時間w
夜の10時から始めてさっきやっと終わりました。それにしても普段文章をあまり書かない自分にとって6000字はつらいです・・・。
20×20=400字詰めの原稿用紙に換算すると15枚分ですからね。

読書感想文が4、5枚は書けちゃいますねww


テストは90分以内に終わりますがレポートは作成するのにかなり時間を費やすのでどちらかというとテストの方が好きですね~。特に持ち込みOKの場合は最高です!・・・めったに無いですけどね。


そういえば嫌いなレポート課題ですがもう2つあと残ってるものがあるんですよね・・・。
1つは1500字程度の軽いものなんですがもう一つはA4サイズで5枚以上という量・・・。文字数に換算するとA4サイズ1枚で約1200字として・・・また6000字ですねw

頑張ります・・・\(^0^)/



ところで素朴な疑問なんですけど5枚以上って5枚目の一行目で終わってもOKなのかそれとも最低でも5枚目の終わりまで書かなきゃ駄目なのかどちらなんでしょうかね?
僕はずっと前者の考えに乗っ取って作文とか小学生のときから書いていましたが・・・。



それとブログの来場者数が2000人を超えました!
ありがとうございますm(_ _)m

初めてTOEIC受けてきました~。



・・・。難しかった・・・。


試験時間は2時間でリスニングが45分、リーディングが75分だったのですがリスニングがもうな感じでしたww

そもそも45分間もリスニングがあるのが僕にはきつかったです。センター試験や国立の2次試験でもせいぜい30分くらいだったと思いますし・・・。


さらにそれぞれの設問に対して一回ずつしか放送してくれないので聞き逃したら即アウトでしたorz

リーディングに関しても高校で覚えた知識があまり思い出せなくて結局時間内に終わりませんでした。


やはり大学受験のころが全盛期でしたねw


次回受けるときはしっかりと対策をしてから受けたいと思います。今回は何もしないで受けに入ったのでw



そういえば今英語のセンター試験受けたらどのくらい点がとれるんでしょうかね・・・。
7割いくのかすら不安です。

まあ、いずれにせよ去年の一月の本番での点数は取れそうにないです。。。

この時間帯は自分は授業がないので大学のパソコン室でいろいろ作業してますww

4限の授業が中国経済の変遷を辿るみたいなテーマのもので今日は大躍進や人民公社など毛沢東時代のことを学びました。
中国は社会主義の国ですから企業は国有企業でありそのトップには経営の専門家ではない書記と呼ばれる役人の人がついていたらしいです。


・・・書記ってなんだ???
子供のころからの疑問でありますwww

自分が小学生のころには委員会というものがありその役職には委員長、副委員長、書記というものがありました。この書記の役割は確かノートに議事録を書いていくようなものだったと思います。

つまり自分の思う書記とはいわゆる雑用係なのですw

でも社会主義の国を見てみると偉い人はなぜか総書記だったり書記長だったりと、とにかく書記という字が入っています。
ちなみに委員長という表記も多い気がしますw
とても不思議で仕方がありません・・・。


どなたか一般的な書記と社会主義における書記との違いを分かりやすく教えてくださる方はいませんか?
お願いします

kyonpe

Author:kyonpe
SONARとVOCALOIDで作曲してます。
好きなバンドはBon Joviと
oasisとスピッツ。
好きなゲームはドラクエと
ポケモン。

DTM環境

DAW SONAR X1 producer
ソフト 初音ミク
    Real LPC
    Real Guitar2L
MIDIキーボード Roland A-500s
I/F TASCAM US-144MKⅡ
ヘッドホン Roland RH-A30
AKG k240mkⅡ
スピーカー Roland MA-15D


ピアプロのマイページ⇒kyonpe
ニコニコ動画のマイページ⇒kyonpeのプロフィール
公開マイリスト⇒【秘密の宝物庫】
ツイッター⇒http://twitter.com/#!/kyonpe39

参加してます(・∀・)
クリック支援よろしくお願いします<(_ _)>
こちらも参加してます(・∀・)
クリック支援よろしくお願いします<(_ _)>
[ジャンルランキング]
音楽
13776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボーカロイド
448位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。